米国フロリダ州タンパ発のブログです!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
留学先の探し方
2009-10-20 Tue 18:05
今日は少し過去にさかのぼって留学先の探し方について書こうと思います。

まずは留学に対する自分の、そして職場の環境が整っている事が大切です。
私の場合は幸い家族や上司にも留学に賛成して頂き、職場の人員的にも私が留学しても大丈夫との判断を頂きました。ただし、職場とつながりのある留学先には既に先輩が先に留学されていたため、留学先は自分で見つけることが絶対条件でした。

教訓1「よき上司、よき同僚、よき家族」

大学院4年の秋、上司の勧めでまず先輩が留学しているラボのボスにコンタクトを取りました。
英語の履歴書と自分の論文のPDFを添付してメールを送り、アメリカ国内で同様の研究をしていて、ポスドクを雇ってくれそうなラボがないかを教えて頂きました。
3つのラボを教えて頂いたのですが、そのうち1つが今は別の施設におられる上司とつながりのあるラボだったので、まずはその先生に無理をお願いしてメールで照会して頂きました。
ところが先方からは「もう定員なので自分でグラントを取ってもらわない限り給料が出せない。」との返事でした。この時点で10月末、来春からの国内外のグラントはもう締め切られており厳しい状況でした。

教訓2「留学したいのであれば早め早めに動くべし」

そこで全くつながりはなかったのですが、教えて頂いた3つのラボのうち、ちょうどその時私がやっていた実験でよく参考にしていた論文を出していたラボに、ダメもとでコンタクトを取ってみる事にしました。

アメリカのポスドク募集サイトにも、このラボからの募集が出ていたことや、ラボの研究室のホームページを見るとボスがたくさんのグラントを持っており資金がありそうだと分かったことから、頑張ってアピールすればなんとか採用してもらえるのではないかと意気込んでメールを作りました。

やはり履歴書と論文のPDFを添付して「今までこういう仕事をしてきてこういう技術を持っている。」「今はあなたの研究室の論文を参考にしてこういう研究をしている。」「今後こういう研究を考えていてこれは基礎的にも臨床的にもこのように重要である。」「この研究のためにこういうツールを持っている。」「是非あなたの研究室でこの研究をやらせて欲しい。」という内容を下手な英語でしたが丁寧に書いてメールしました。

すると、すぐに「たぶん枠を作ってあげれると思う。あなたの仕事やプランは面白いと思う。私達も今こういう事に興味を持っていて方向性が一緒だ。」との返事を頂きました。
おおっ好印象だっ!!最初の失敗でがっくりきていただけにこの返事は本当に嬉しかったです。

やはりこの時点で、先方のラボをよく研究(ポスドク募集サイトでの募集状況、ホームページからのグラントの取得状況=資金源、論文やホームページからの研究内容)して、「自分との共通性」や「先方のラボが興味を持ちそうなデータやプラン、ツールを持っている」事をアピールする事が大事だと思いました。もちろん、日本のラボのデータやツールを共同研究という形で持ち出すことになる可能性があるので、この時点で日本の上司とも十分な相談が必要です。ここでも教訓1が生きてきます。

教訓3「先方のラボを研究しアピールの仕方を工夫すべし」

そんなこんなで面接を受けることになり、1月初めに上記2か所のラボ(1か所目も面接は受けることにしました)の面接と、先輩のいるラボの見学のため渡米する事になりました。この時点で既に11月末。あと1ヶ月で英語もできないのに初めてたった1人での海外、しかも面接なんてやばすぎる。。。

面接では大学院での研究データに加え、留学先に持っていくプランのためのプレリミナリーなデータもなんとか盛り込んでプレゼンしたかったので、12月は学位申請手続きでバタバタする中、まさに必死で実験しました。やっとデータがそろったのが12月30日!

しかし大晦日と元日は他の病院の日当直。。。
2日、3日は妻の実家で酔っ払い。。。
4日は他の病院の日直。。。
あっという間に出発の5日!!!

あれっ、プレゼンのスライドっていつ作るの??
スポンサーサイト
別窓 | 留学先探し | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<北海道? | フロリダ研究留学日記 | アンナマリア島>>
この記事のコメント
No title
ねえ、ひまなの?
2009-10-21 Wed 03:46 | URL | た #-[ 内容変更]
た さん
その答えは、
た さんのラボと比べるともちろんYES、
アメリカの他のラボと比べると残念ながらNOです。

しかしアメリカでは日付が変わるまでカンファとか実験とかまずないですし
(夕方7時には私一人になってしまいます)、
ほとんどの土日が当直や実験でつぶれてしまう事ももうありません。

暇というよりもこれが普通の生活なのかも。。。
2009-10-21 Wed 22:07 | URL | lettuce #LKfmmIW2[ 内容変更]
No title
知り合いに教えてもらいました(^_^)
仕事がんばってください
2009-10-25 Sun 08:55 | URL | Yたろー #-[ 内容変更]
Yたろーさん
ありがとうございます!
この週末は日本式に土日出勤で頑張りました!
2009-10-25 Sun 23:24 | URL | lettuce #LKfmmIW2[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| フロリダ研究留学日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。