米国フロリダ州タンパ発のブログです!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
英語学習 あいづちの勧め
2010-01-24 Sun 17:38
アメリカに来たばかりの時は、正しい文法で英語を話さなければと考えすぎて萎縮していましたが、アメリカ人も文法や時制をよく間違えたり、かなり文章を省略したりする事が分かりました。

例えば無理に疑問文を作らなくても、肯定文の後にright?を付ければ立派な疑問文になり、アメリカ人も会話ではこれをよく使います。

日本でも廊下ですれ違いざまに「あなたは今からどこに行こうとしているのですか?」などと長々とは聞きません。「どっか行くの?」となると思います。アメリカでも同じで「Going somewhere?」などと文法お構いなしで言います。

会話のあいづちで「何のためにあなたはそれをするのですか?」など長々と言わず、「何で?」などと言うのと同じで、アメリカでも「For what?」などと言います。

こういう事が分かってくると、正しい文法にこだわり過ぎるよりも、正しい内容を伝える方が大事だと開き直る事ができ少し気が楽になりました。

今日はこのような会話のあいづち表現を勉強するための本をいくつか紹介します。

この本は先程の「For what?」のように、短いけれども会話でよく使う表現がたくさん載っています。このような表現だけでも十分会話が弾むのだと分かり気分が楽になります↓
あいづち英会話―あいさつ、合いの手、問い返し+発音練習帳 (CDブック)あいづち英会話―あいさつ、合いの手、問い返し+発音練習帳 (CDブック)
(2006/09)
デイビッド セイン小池 信孝

商品詳細を見る

以下の2冊は少しレベルの高いあいづち表現などが載っています↓
CD付英会話はあいづちでうまくいく!CD付英会話はあいづちでうまくいく!
(2009/03/19)
長尾 和夫マケーレブ英美

商品詳細を見る

英会話は、お返事でうまくいく!英会話は、お返事でうまくいく!
(2009/09/25)
長尾 和夫テッド リチャーズ

商品詳細を見る


↓参加中!クリックお願いします!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 英語学習 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<幻想的な光景 | フロリダ研究留学日記 | 米子トーク in フロリダ>>
この記事のコメント
たしかに
確かにそうですね・・・
自分でも激しくラフなことをいっていると思っても,結構普通に会話が流れることが多くて驚きます。
私が汎用するのは,How aobut~です。話しかけるときにすごく楽です。
2010-01-25 Mon 18:17 | URL | anpanguma #-[ 内容変更]
anpangumaさん
本当ですね。How aboutは私もよく使いますよ!あと私の英語はまだまだなので、言い直すためにI mean...もよく使います。。。
2010-01-26 Tue 22:43 | URL | lettuce #LKfmmIW2[ 内容変更]
ラフに♪
そうですよね、英語も結局はコミュニケーションのツールなので、堅苦しいよりも日常に即しているほうが使いやすいですよね。
受験の文法が結局受験だけにしか役立たないのが
改善される日がいつか来るのでしょうかf^_^;?
2010-01-30 Sat 08:35 | URL | k1sh #-[ 内容変更]
k1shさん
本当に日本の英語教育は受験だけのためのものですね。。。聞いてはいましたがこっちへ来て改めて痛感しました。。。でも論文の読み書きなど日本人が強い部分もあるので、悪い事ばかりではなさそうですよ!
2010-01-31 Sun 02:48 | URL | lettuce #LKfmmIW2[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| フロリダ研究留学日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。